ルートデザイン

我々の社会はどこへ向かうのか?
我々が抱く社会的価値はどう変わっていくのか?

これからの社会に芽生える価値観を想像しながら、
新しい切り口と先見性を持ったデザインで、新しい創造に挑みたい。

次なる時代の価値に向けた道標となるような取り組みを、
共感できる仲間と共に作り育てたい。

そんな思いが強くなり、新しい土地へ移り住み、
自らの働き方を変え、情熱を持って何かを始めてみようと
決意したのが、Route Designのはじまりです。

代表 津田 賀央

Who we are

A local project design team.

私たちは、地域の取り組みをデザインするプロジェクト・デザインチームです。

地域課題や企業課題、商品・サービス課題を拾い上げ、
課題の道標となるような取り組みを様々な観点からデザインしていきます。

人や組織、地域を、目指すべき先へ導くためのビジョン策定。
課題を可視化し解決へとつなげるコンセプト設計。
コンセプトを具現化するクリエイティブデザイン。
その全てを実現するためのチームビルディング。

これらを一つの取り組みとして、歩むべきルートを描き導くのが、我々の仕事です。

What we do

製品やサービス、ブランドの価値を分かりやすく伝えたい。
より社会に求められる製品やサービスへと改善したい。
人を巻き込むコミュニティーや体験を創出したい。

対象となる相手とのコミュニケーション作りを起点に、
プロジェクトを、様々な観点からデザインし、実行します。

Examples

富士見 森のオフィス

長野県富士見町に、2015年にオープンしたコワーキングスペース / シェアオフィス施設。
コンセプト立案、サービス設計、運用設計から関わり、現在は町の運営委託を受ける形で同施設を管理する他、自主事業としてコワーキングスペースを運営。

主な業務:コンセプト立案 / サービス企画設計(利用者向け) / 運用設計と実施 / コミュニティー設計 / スタッフ育成とマネジメント / イベントオーガナイズ / プロジェクトマネジメント(森のオフィス内で生まれる様々なプロジェクト)

富士見 森のオフィス

南アルプス塩ようかん

クライアント: 小笠原商店

長野県伊那市で100年続く寒天業を営む小笠原商店。
商品コンセプト、ネーミング、パッケージデザインだけでなく、開け方・食べ方のユーザー体験設計から、価格規定までを提案。

主な業務:コンセプト立案 / 商品設計 / UX設計 / クリエイティブディレクション / ネーミング / パッケージデザイン / マーケティング施策考案

南アルプス塩ようかん

星降る森のレジデンス

クライアント: セラヴィリゾート泉郷

山梨県北杜市にある別荘型リゾート施設。
ブランディングとロゴ、ネーミングを企画。

主な業務:ブランドコンセプト立案 / クリエイティブディレクション / ネーミング / ロゴデザイン

星降る森のレジデンス

猛毒昆虫スガレを追え!

クライアント:辰野町役場

長野県辰野町のPR映像企画として、地元ケーブルテレビ会社のLCV、森のオフィスの利用者でもある映像ディレクター2名とのジョイントチームを作り、共同で企画制作。

主な業務:映像企画 / キャスティング / プロジェクトマネジメント / PR、Webプロモーション

猛毒昆虫スガレを追え!

行きつけの田舎 Touch

クライアント:ソニーネットワークコミュニケーションズ

インターネットプロバイダーのSo-netが会員向けサービスとして、「行きつけの田舎」を提供する体験プログラムを提供。
企画立案からサービス設計、現地主催者との調整や映像コンテンツの制作ディレクションなどを行いました。

主な業務:サービス企画設計 / 現地企画 / 主催者のコーディネート / 映像コンテンツの制作ディレクション

行きつけの田舎 Touch

Member

津田 賀央

代表 / プロジェクトデザイナー / サービスデザイナー

2001年より広告会社の東急エージェンシーにて、デジタル領域のプランナーとして様々な広告主の広告企画に携わる。約10年の勤務の末、SONYへ転職。サービスデザイナーとしてクラウド技術を用いた新規サービスやプロトタイプの企画開発、UXデザインなどを手がける。
これからの新しいワークスタイル/ライフスタイルを考え、2015年に長野県富士見町へ移住。Route Design合同会社を立ち上げ、週の半分をSONY社員として東京で過ごし、残りは富士見町で、行政プロジェクト『富士見 森のオフィス』の立ち上げに関わる。
現在はRoute Design合同会社のプロジェクトデザイナー/サービスデザイナーとして、コワーキングスペース『富士見 森のオフィス』を運営しながら、コミュニティー・スペース立ち上げのコンサルティングや、地域商品の企画開発、ブランドのクリエイティブディレクション、イベントの企画運営など、東京と地方地域を行き来しながら様々なプロジェクトに携わっている。

松井 彩香

プロデューサー / プロジェクトデザイナー

大手総合商社の海外貿易事業でキャリアをスタート。その後、CMプロデュース会社へ入社し、アシスタントプロデューサー/PRディレクターとして、国内大手キャリア、飲料、自動車などのCM制作に関わる。フリーランスとなった後は、撮影・展示のセットデザイナーとして、映画やMV、雑誌の撮影現場で経験を積む。
現在は米メディア『Martha Stewart Weddings』のプロジェクト・プロデュースや、コミュニティー・スペースの立ち上げ・運営、地域活性化イベントの企画運営、新規サービスの設計など、プロジェクトデザイナーとして幅広く活動している。

松田 裕多

アートディレクター / プロダクトデザイナー

京都造形芸術大学・空間演出デザイン学科卒業。
2010年に渡米、カリフォルニアにて西海岸のアートとアウトドアカルチャーに触れる。帰国後、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」 のショップスタッフとして勤務する中、同ブランドのドーム型テントを通じ建築家であり哲学者でもあるバックミンスターフラーのデザイン哲学に感銘を受け、デザインの道へ。
デザイン会社nendoでのインターン、都内電子機器メーカーのインハウスデザイナーを経て、2016年に長野県富士見町に移住し地域おこし協力隊に着任。同町に設立されたコワーキングスペース「富士見 森のオフィス」の企画・運営に携わりながら、フリーランスのアートディレクター/デザイナーとして活動を開始。
CI、VIの企画・設計、プロダクトデザインを始めとする地域産業のクリエイティブ業務全般に携わっている。

Company Profile

Route Design合同会社

代表:津田 賀央
〒399-0211 長野県諏訪郡富士見町富士見3785-3 富士見 森のオフィス

→ ルートデザインへの

→ 移住相談は富士見 森のオフィスまで